【ネットショップ バーチャルオフィス おすすめ】今すぐわかる各オフィスの特徴とメリット

こんにちは愛です。
個人のネットショップを立ち上げるにあたり実家の住所を書かなくてはならないということがありました。

・なんで実家の住所を書かなくちゃいけないの?
・そもそも女性名で住所を書くのはリスクがある
・でもネットショップは立ち上げたい

そんな悩みがあった時に解決したのが今回の方法。

必ずネットショップの立ち上げにあたりお悩みの女性の方であればお役に立つと思うのでぜひ最後まで読んでみてください。
とにかく、バーチャルオフィスをいろいろ見たいならまずは下記のランキング。わたしは、住所だけが欲しくてネットショップなら1位の京都の住所が使える和文化推進協会押し。


それ以外の郵便転送などのサービスを利用するかたなら2位のレゾナンスがトータル的にはメリットがあると考えています。


1位:バーチャルオフィス ネットショップならココ 和文化推進協会 【月額500円】

>>【業界最安の月額500円】バーチャルオフィスサービス会員募集「和文化推進協会」

2位:バーチャルオフィス 銀座の住所! レゾナンス 【月額1,650円~】

>>月額1650円!東京都内一等地のバーチャルオフィス【レゾナンス】

3位:バーチャルオフィス 女性専用 タピオカ 【月額480円】

>>タピオカ

4位:バーチャルオフィス 法人登記込みの値段 ユナイテッドオフィス 【月額2,310円】

>>ユナイテッドオフィス

5位:バーチャルオフィス 全国51拠点 北海道・沖縄など!Karigo 【月額3,300円~】

>>全国展開のバーチャルオフィスKarigo

6位:バーチャルオフィス 大阪の住所あり! DMM 【月額2,530円~】

>>DMM

7位:バーチャルオフィス 札幌、東北、福岡網羅 Regusリージャス 【月額1,408円~】

>>レンタル・バーチャルオフィスの世界最大手ブランド 【Regus (リージャス)】

8位:バーチャルオフィス 法人口座開設保証あり!ワンストップビジネスセンター 【月額4,950円】

>>【ワンストップビジネスセンター】

9位:バーチャルオフィス Nawabari 【月額980円~】

>>Nawabari

10位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー 【月額4,950円】

>>【バーチャルオフィス ナレッジソサエティ】を利用して起業

ネットショップのよくある住所の悩みとは?

ネットショップ 住所 実家 を表す画像

せっかくネットショップ立ち上げようと思ったけど、家の住所を載せたくないなら





1.会社の事務所として賃貸を借りる

2.住所貸しサービスを探す





この2つの方法が考えられます。



まず一つ目の場合ですが、会社の事務所として新たに賃貸で借りると、まだ売上の目処もたっていないのに、毎月の固定費が出ていくことになります。



二つ目の場合は、怪しい住所貸しサービスだと、そもそもその住所を貸してくれるところが潰れてしまったり、住所があるもののネットで検索して見てみるとみすぼらしいビルがあるだけの怪しい住所となってしまうこともあります。



この2つのちょうど中間のサービスが、バーチャルオフィス。



バーチャルオフィスのメリット、デメリットは以下の通り



【メリット】

毎月の固定費が格安で済む

建物が新しい物だけのところもある

都心の住所も可能

会議室を借りることのできるサービスもある

法人登記援助可能なところもある



【デメリット】

電話は対応不可→有料となるが電話受付、転送サービスのあるバーチャルオフィスもある



会議ができない→会議室を有料で借りることのできるバーチャルオフィスもある



郵便物転送がタイムリーでない→タイムリーに転送してくれるバーチャルオフィスもある





さて、このようにうまくいったのが【バーチャルオフィス】ですが、まずはじめにネットショップをはじめて突き当たったのが、住所に関する悩み。

具体的にはつぎのようなこと。

・特定商取引に関する法律に基づく表記 で住所が必要 
・副業でネットショップを始めたけど住所が必要 
・副業でネットショップ始めたけど住所を知らせるのが心配 
・住所を貸してくれるところないのかな? 
・住所貸しのサービスがあれば最高 
・法人登記できる住所貸しが欲しい 
・そもそも自宅の住所を表示したくない


「住所、なんとかならないかなぁ」




ネットショップの住所を実家にすると・・・

ネットショップ 住所 実家 を表す画像

ネットショップの住所を必要に迫られてやもえず実家の住所にすると、つぎのように悩ましい毎日を送ることになります。

・自宅住所を書いたために毎日が不安 
・副業はじめたけど田舎の実家住所で信用がない 
・月1で会議を都内でやりたいけどそんなことができない 
・かといって、オフィスを借りるとコストばかりがかかる 
・そもそも作業は自宅でできるのに賃料はらう?


「ムダだよなぁ。」




ネットショップの住所記載をうまく切り抜けられると・・・

ネットショップ 住所 実家 を表す画像

ところが、こうしたネットショップの住所問題さえ切り抜けられれば、自分の店のことだけに物さえ売れればすべてがうまくまわりだします。

せっかく自分の才能を生かしたものを作り出しても「住所」というただ、1点のために上手くいかないのはばからしい。

ネットショップの住所問題を解決すれば次のような未来が待っています。


こんな状況の私が解決したネットショップの住所問題を解決してくれたのが「バーチャルオフィス」という考え方。


「こんな手があった!」

バーチャルオフィスというのは簡単に言えば住所貸し。


わたしのように、自分の特技をいかして自分のものを売り出したいけど女性だから実家の住所などをネットにさらしたくない! そんな方のためにぴったりなシステムがバーチャルオフィス。

そしていま私がいろいろなバーチャルオフィスを調査した結果、わたしのような作品をつくって販売するスタイルである女性に最適なところを見つけ出しました。


それが、「京都朱雀大路スタジオ」の住所を借りることが可能なバーチャルスタジオ。


「京都って地名だけで気分もあがります!」


このバーチャルスタジオを利用した未来はこんなことが待ってます・・・

・自宅の住所をさらさずに安心して仕事ができる 
・京都の住所でブランディング可能。収益にも貢献。
・週一回、都内での会議を実施できるバーチャルオフィスもある
・物理的なコストを抑えられる
・副業の収益が本業をうわまわりハッピー



「とにかく自宅住所をさらさずに自分の会社が立ち上がる!」





ネットショップの住所を実家以外にするデメリット

ネットショップ 住所 実家 を表す画像

ただ、こうしたネットショップをバーチャルオフィスを利用してネットショップの住所を実家以外にすることでデメリットもゼロではありません。

たとえば、つぎのような問題があります。

・特定の許認可が必要な業種では開業ができないことがある
⇒でもほとんどの業種で開業可能

・個別占有スペースが必要とされる職種では開業不可
⇒一般的な副業、ネットショップであれば問題ない 

・銀行の法人口座を開設することが難しいこともある
⇒企業意図などしっかりしていれば開設可能

・ネットで検索された時に同じ住所で登記された数多くの企業ホームページが検索結果として出てしまう
⇒個人で販売するような場合、理解はしてくれるでしょう 

・社会保険の申請などをする場合に確認されることが増えることもある
⇒書類の保管先などを自宅として申請するなどすれば大丈夫 

・融資を受けるのが困難
⇒だけどそもそも副業ネットショップで創業時の資金が大して必要ない場合は問題ない 

・バーチャルオフィスのサービスの充実度は会社で差がある
⇒事前に内容を確認して自分の中での優先順位をつけて選んでいけば問題ない





ネットショップの住所を実家以外にするメリット

ネットショップ 住所 実家 を表す画像

さて、デメリットも存在するバーチャルオフィスですが上記のようなデメリットを考慮してもそれを補うだけのメリットが十分にあるのが今回紹介している京都のバーチャルオフィス。


メリットとしては下記の通りです。


・法人登記時に住所で見栄えをよくできる
・自宅がマンションで規約上法人登記ができない場合にぴったり
・副業ブランディング化のために特別な住所を使用可能
・女性一人の起業時にプライバシー確保が可能 


「女性にはうれしいです!」


・副業ネットショップのコストが抑えられる 
・自宅の住所が知られないので安心して事業ができる 
・一等地の住所で登記登録をすることで信用に繋がる 
・受付や電話受付サービスなどを利用できる 
・郵便物の受け取りや転送サービスもある 
・ビルの入り口に社名を表示してくれるサービスなどもある
・会議室の貸し出しをしてくれるサービスがあるところもある



ネットショップの住所に実家の住所を使いたくない方への【まとめ】

ネットショップ 住所 実家 を表す画像

ネットショップの住所に実家の住所を使いたくない方にはバーチャルオフィスという仕組みを使うのがおすすめです。

ただ、ネットショップで簡単にしかも、定額で住所だけを借りたいという方も多いと思います。

そうした方におすすめなのが、バーチャルオフィス 和文化推進協会さん。

和文化推進協会さんは京都に住所をもつ協会さんで、

・「ネットショップ表記に自宅住所を載せるのが怖い」
・「送り主欄に自宅住所を記載するのが怖い」
・「女性だから自宅住所を記載するのが心配」


そんな方々に安心して創作活動していただくためというのを主として、この京都和文化推進協会がバーチャルオフィス制度をつくられています。

そんな経緯もあるので、女性のネットショップ運営の方にお勧めです。

こんな協会さんだから、

・クラウドファンディングの支援をしてくれる
・国、自治体等の補助金の情報を共有してくれる

といったこともしてくれるし、申し込みは簡単に、LINEで登録申請するだけ。

年会費は6000円かかりますが、月500円、1日に換算すれば16円程度なので安心料と考えれば安いでしょう。

女性の方にお勧めの案件です。


住所は京都駅からほど近い下記のところとなります。

「京都っていうだけで気持ちがあがります」

住所があることを理由に京都に月に1回くらい行きたい私のようなタイプにはぴったりのバーチャルオフィスでしょう。


バーチャルオフィス 和文化推進協会をあらわす画像


>>和文化推進協会 公式サイトはこちら




実家の住所を書きたくない方のための目的別バーチャルオフィス早見表

住所を実家の住所としないためのバーチャルオフィスですが、ひとえにバーチャルオフィスといってもかなりの種類があってトータル的にはどこもそれほど結局値段差はありません。

ただし、使い方に応じてうまく利用するとお得に利用できますので、ここでは使い方を意識した区分けで説明していきます。

01_郵送サービスを中心に考えたい方

1)急ぎの郵便はない方、週2~3通程度の方へ
毎週木曜日転送、100g以内無料(参考:封筒1枚5g程度、A4 1枚 5g程度なので、2~3通対応程度)

>>バーチャルオフィス ワンストップビジネスセンター

2)急ぎの郵便がたまにある方へ
郵便到達お知らせサービスあり、毎週末自動転送、

>>バーチャルオフィス ユナイテッドオフィス

3)急ぎはそんなにないけど受け取り連絡は欲しい方へ
郵便物、宅急便の受けとり連絡、転送月4回サービス、ただし郵送料は実費

>>急ぎの郵便物はない。そんな方には、東京都内一等地のバーチャルオフィス【レゾナンス】。詳細はこちら



02_有人受付を中心に考えたい方

1)スタッフ常駐(だから安心)
>>スタッフ常駐が必要。そんな方には、東京都内一等地のバーチャルオフィス【レゾナンス】。詳細はこちら



03_会議室利用を中心に考えたい方

1)会員価格で利用できる会議室あり
>>会議室が必要。そんな方には【レゾナンス】。詳細はこちら



2)会議室、セミナールームが使えるのでコンサルティング系の起業をされている方におすすめ 定期的に会議をおこなう、セミナーを定期でおこなう、
お客さんとの打ち合わせがたまにある、といった方には使いやすいオフィス

>>バーチャルオフィス ナレッジソサエティー

04_とにかく初期投資を抑えたい方

1)特定商取引法は関係ない方で初期投資を抑えたいならココ
住所は京都となりますが、月額税込み500円で利用可能なところが魅力的。

会員となることが前提となりますが、1年間を前提とするなら最安値価格帯。



「とにかく、自宅住所を公開したくない」
「住所を自宅と事業用でわけたい」

という方におすすめのサービス

>>和文化推進協会 公式サイトはこちら


※以下はバーチャルオフィスのあれこれ

【ネットショップ バーチャルオフィス おすすめ】格安料金でも安心なの?

バーチャルオフィスの店舗の場所は?

バーチャルオフィスの移転としてはビジネスの中心である東京とか大阪に拠点を送ると言うことです。通常で行くと賃料も高いしそもそもそのオフィスで仕事をするそれだけするかというとしないことも今の時代いっぱいあると思います。そういう時にバーチャルオフィスが最適です。バーチャルオフィスと言うのは物理的な業務のスペースを使わないで住所とか電話番号のみ借りられると言う利点があります。

安いことのデメリット

バーチャルオフィスで安いことのデメリットと言うととにかく住所が被ってしまうと言う可能性があると言うことです。 これは住所が借りられると言うことがバーチャルオフィスメリットである以上避けられないことではあります。住所は被ってしまうけど都心もしくは地方の中心部の都市に住所を借りられることがメリットと考えて割り切って使う事は必要となります。

安いことのメリット

安いと言うことで低コストで起業できる点はなんといっても最大の魅力、です。パソコンのない時代はそういった事は不可能だったと思いますが今はパソコン1つさえあればどこでも仕事もできますし商売ができる時代です。だからこそ事務所どこかに構えると言うことを考えずにビジネスを始めることができるのがこのバーチャルオフィスと言う仕組みです。

安いけど最低限ほしい機能

バーチャルオフィスで安いけど最低限欲しい機能というのが次の事です。 住所が強い 荷物の受け取り 電話の転送 電話の代行対応

【ネットショップ バーチャルオフィス おすすめ】の 5 つのポイント

何と言っても料金

バーチャルオフィスの料金は480円と言う設定もありますが月々で言うとある程度の欲しい機能をつけると大体4000円~,5000円になるイメージです。 さらにオプションをつけて例えば電話代行等までやってしまうとすると10,000円前後するのかなあって言うところです。 また気をつけたいのは初期費用で初期費用も10,000円近くかかるところもあれば5000円程度で済むところもあります。それと併せて確認したいのが契約期間。 安くても例えば契約期間が2年間と言うものもあったり高くても契約期間がなしと言うのもあったりして何もわからないうちは契約期間が短めの方が変えることも簡単でいいと思います。安くても例えば契約期間が2年間と言うものもあったり高くても契約期間がなしと言うのもあったりして何もわからないうちは契約期間が短めの方が回も聞いていいと思います。

手続き簡単

バーチャル本オフィスの手続きは比較的簡単で、個人で契約する場合は運転免許証、保険証、パスポート等などこういったものさえ揃えば簡単に登録可能です。 法人として契約する場合は会社の登記謄本とか代表者の本人確認書類等が必要となる場合がありますが逆に言えばそれだけで充分です。

会員制限

会員制限のあるようなところがたまにありますがそれは一部でありますので通常のところであれば誰でも会員になることができます。 安いところでは女性のみとか制限を加えているバーチャルオフィスもあるのでそれは確認した上で参加すると良いでしょう。

維持費

バーチャルオフィスの維持費は月々4000から5000円を最低限と考えると良いと思います。 ただし住所だけでいいとか本当に感覚的な場合であれば480円とか500円とかそういった安い価格でも十分なサービスもあります。 ネットショップなど最低限の機能だけでいい形であれば1000以下で探すことを探す事は可能です。

場所

バーチャルオフィスの場所はとにかく全国どこでも設置できると言うところが最大のメリットです。 ただしバーチャルオフィスによっては東京都内しかないとか東京大阪といった1部大都市伸びるといった場合もありますので個別に確認していくと良いでしょう。 東京都心の場合のメリットとしては都心の一頭地の住所を借り入れると言うメリットはあるのですが一方で、他の会社と住所が被ってしまうというリスクはあります。 一方で東京都心でない場合などは自分の会社の内容によっては特徴を出せる可能性もあります。例えば京都のバーチャルオフィスを使えば京都と言うブランドを会社に付け加えることができます。

【ネットショップ バーチャルオフィス おすすめ】の特長

なぜそんなに安いの?その理由とは?

バーチャルオフィスが安いのは、複数の会社で同じ所所を使うため行って見れば建物が持っている会社からすると物理的には5つの会社にしかかせない場合でも例えば100社とかに貸すことができるため1つの会社に対する賃料が安くすることができるのです。

なぜ都心なの?その理由

多くの方が都心の住所を借りたいと言う事がありますが、実際東京都心の住所が会社の住所となっているとやはり信用感が増すと言う点が多いです。 電話をするにしても03で始まる電話をバーチャルオフィスの電話として使えるサービスもあり、そのような場合はやはりお客さんからすると0さんの電話番号は安心感があるのでお勧めです。 ただしそもそも電話番号はホームページに記載しないなどと言う場合はそのサービスにこだわる必要はないでしょう。

なぜバーチャルなの?その理由

バーチャルにする理由としては固定費を抑えることができるもしくは住所を借りられると言った理由は1番多い理由です。 また会議室をレンタルできると言うのも大きな理由の1つです。必要に応じて都心で会議を開きそこでみんなが集まって会議すると言うことで従来型の会社の機能もみたせると言うわけです。

【ネットショップ バーチャルオフィス おすすめ】選ぶときに注意したいこと

月々料金に含まれるもの

月々の料金に含まれるものには最低限度としては住所のみ借りれると言う点があるのが基本です。 その他には郵便物の転送サービス、専用電話が利用できるなどサービスが増えるにつれて5000円程度、増えていくのが大体のバーチャルオフィスのパターンです。

会議室のレンタル可否

会議室のレンタルが可能かどうかといった点もバーチャルオフィスを決める、では重要なポイントです。自分のビジネスが会議体を必要としないような場合は全く必要ないですが、自分の会社の価値を上げるために月に2、3度はお客さんと話し合ったりしたほうがいいと言うようなビジネスの場合には会議室のレンタルがあるバーチャルオフィスが良いでしょう。 お客さんの方でも、今の時代はこうしたバーチャルオフィスのような企業に対しても理解は深まっているので問題はないと思います。

申込み方法

お客さんの方でも、今の時代はこうしたバーチャルオフィスのような企業に対しても理解は深まっているので問題はないと思います。

変更・解約の方法

バーチャルオフィスを申し込む場合に注意したいのは変更や解約の方法です。 契約の中にはバーチャルオフィスによっては2年縛り等ある場合があるので注意が必要です。いくら安いといっても、2年間使い続けなければならないとなるとサービスに不満が出た場合などは後から帰るのは大変です。 そういった意味ではある程度の出費は覚悟して、契約期間の縛りがない会社がお勧めです。そもそもバーチャルオフィスを選ぶ時点で、物理的なオフィスを構える場合よりかなり安く月々の費用を抑えることができるので、ある程度の投資をしても問題ないと思います。

支払い方法

契約期間の縛りがない会社がお勧めです。そもそもバーチャルオフィスを選ぶ時点で、物理的なオフィスを構える場合よりかなり安く月々の費用を抑えることができるので、ある程度の投資をしても問題ないと思います。

【バーチャルオフィス480円】利用のメリット

コストの大幅削減

バーチャルオフィスの利用のメリットとしてはコストの大幅削減と言うことが挙げられます。 通常のオフィスをレンタルするより料金が格安で済む事は簡単にわかると思いますが、そもそもオフィスを持たないことで出勤の費用行き帰りの時間の削減など目に見えない部分でたくさんのメリットがあります。

敷金・礼金は不要

一般的な賃貸事務所を契約するとなると起業するときに敷金、礼金や保証金といったコストがかかります。 敷金とか礼金と言われる金額は月々の賃料の1ヵ月から3ヶ月位の代金を支払わなければならないので一般的な賃貸事務所を借りるだけで、20万、30万円といった費用が初期に発生します。 バーチャルオフィスを借りる場合はこういった敷金、礼金といった費用がかからない点がメリットの1つでもあります。

少額の入会金や保証金のみで利用可能

バーチャルオフィスの場合入会金や初期費用と言うものがかかるとこは多いですが、たいていは一万円とかそれ以下で済むことが多いので、一般的な賃貸事務所を借りるよりは間違いなくコストが削減できます。 起業するときに初期費用を抑えることができると言う点では、バーチャルオフィスはとてもメリットがあります。

【ネットショップ バーチャルオフィス おすすめ】利用でメリットがある人

ネットショップをはじめたい人

ネットショップを始めたい人にとってまず初めにハードルとなるのは特定商取引法表記に記載すべき住所。私の場合ネットでものを販売するときに特定商取引表記を書くこととなったのですが、自宅の住所を書くことをがとても抵抗がありました。 こういった場合に使えるのがバーチャルオフィスのサービスです。ネットショップの場合は会議などを開く必要もないので、住所だけ使えるような格安のバーチャルオフィスがお勧めです。 副業でネットショップをやる人やハンドメイドのネットショップ等ををやる方には最適の方法です。

月々の出費をおさえてビジネスをはじめたい人

初めて自分でビジネスをやる人、副業でビジネスをやる人、こういった人たちは初期費用はなるべく抑えたいと考えていると思います。 なぜなら自分のビジネス自体がかかるかもわかりませんし、儲かるまで一定期間がかかると思うのでその間赤字でずっと過ごすのは精神衛生上も良くないものです。 こういったことを避けるためにオススメなのがネットショップなどでも使えるバーチャルオフィスとなります。

東京など都心で商談・打合わせスペースがほしい人

ネットショップの方などには必要ないんですが自分でビジネスをやっている方などは、お客さんと商談打ち合わせのスペースが必要となる方もいると思います。 全てでは無いですがバーチャルオフィスはレンタル会議室を併設しているところもありますので、そういったバーチャルオフィスを選ぶと便利でビジネスにもプラスになります。

【ネットショップ バーチャルオフィス おすすめ】の法人登記について

そもそも法人登記とは?

法人登記とは会社登記とも言いますが会社を設立したときに法務局に対して必ず行うべきこととなります。 法人登記会社登記には称号(写メ)や住所代表者の氏名といったことを記載登録する必要があります。またこの登録したことが一般に開示されるので会社としての信用も得られるようになっています。 法人登記にあたってはその他に事業目的を決めたり会社のハンコを作成して印鑑証明書を取得したり、さらには定款を作成し、認証を受けるといったことが必要になります。 バーチャルオフィスの中にはこうした面倒な手続きもパッケージ化した会社もありますので会社登記もしたい方はそういったバーチャルオフィスを探すことをお勧めします。

バーチャルオフィスで登記ができるの?

バーチャルオフィスで法人登記は可能です。ただし注意したいことがいってんだけあって同じ住所のところに同じ法人名で法人を設立できないと言う規則があるので、登記をする前に確認は必要となります。 個人事業主でずっとやってきた方で、収入が増えてきた方は法人化しようと考える方もいると思うのですが、そういったかたにはバーチャルオフィスという選択肢も初期費用をおさえる1つの選択肢としてお勧めです。

バーチャルオフィスで法人銀行口座を開設できるの?

バーチャルオフィスで法人の銀行口座を開設することは可能です。バーチャルオフィスで法人の銀行口座が開設できなかったと言う話も聞きますが、それは法人自体の活動実態やこれまでの実績などが評価されなかったために口座の開設審査に落ちたということが考えられます。 バーチャルオフィスだから銀行口座を開設できないと言う事はありません。銀行のほうも馬鹿ではありませんので、例えば個人事業主として今までの実績がたくさんある方の場合は、銀行口座を開設できる可能性は大きくなるといえます。 ちなみにバーチャルオフィスで銀行口座を開設するためのポイントは次のような点です。 1.バーチャルオフィスの近くの銀行に相談 2.資本金を最低の1円など低すぎる金額としない 3.会社のホームページを作成しておく 4.固定の電話番号を用意しておく 5.知り合いに紹介してもらう 結局信用を得られるか得られないかと言う点が銀行口座を開設できるかできないかに関わってくると言うことを理解しておきましょう。

失敗しない・バーチャルオフィスで7つの注意したいこと

1. 住所・立地は? 都心?一等地?

バーチャルオフィスは都心はもちろんのこと大阪名古屋北海道などなどいろんな住所を持っているところが多くあります。一方で1カ所しか住所を持っていないと言うところもありますので、住所にこだわる方であれば必ず確認は必要です。 一方で値段が安い方が良いと言うかたであれば都心にこだわらない方が安く契約できる箇所もありますので、いろいろ調べると良いと思います。

2. 登記は可能か?

ネットショップなど個人事業主でやられる方は必要ないと思いますが、個人事業主で収入が増えてきて会社設立をしたいと思ってバーチャルオフィスを借りたいと思う人は、登記が可能かどうかは確認した方が良いでしょう。 基本的には法人登録は可能である場所が多いですが、法人登記可能と明記されているところのほうが間違いないと考えます。

3. 初期費用は?

初期費用の確認も重要です。月々費用は安くても会員になるための会員費用や、年間費用等が高い場合もありますので、総合的に確認しましょう。

4. 最低契約期間は?

最低契約期間の確認も重要です。バーチャルオフィスによっては最低契約期間が1年だったり2年だったり、もしくは全く契約の期間縛りがなかったりする場所もありますから、この点も確認は重要です。 バーチャルオフィスはたくさんありますので、あまりネットショップの収入が上がらないうちなどは、いつでも解約できるような契約の方が安心と言えるでしょう。

5. 保証金の有無

一般の賃貸物件と同じで保証金と言うものを設定しているバーチャルオフィスもあります。保証金がなくても初期費用と言うお金を設定しているところもあります。 なので月額費用だけでなく、保証金があるのかないのかといった点の確認も必ずしましょう。

6. 更新料は?

契約期間が例えば1年の場合、1年ごとに更新料がかかると言う可能性もあります。この点を確認しておかないと、結局2年3年と続いた場合にトータルで考えると費用的には損をしたと言うことも考えられるので、必ず香辛契約期間が例えば1年の場合、1年ごとに更新料がかかると言う可能性もあります。この点を確認しておかないと、結局2年3年と続いた場合にトータルで考えると費用的には損をしたと言うことも考えられるので、必ず更新料の有無も確認しておきましょう。

7.サービスの内容は?

バーチャルオフィスのサービスの内容としては次のようなものがあります。 ・住所貸し ・郵便物の受け取り ・郵便物の転送 ・電話番号の提供 ・電話代行サービス ・会議室打ち合わせスペースのレンタル ・法人登記の代行 ・融資、補助金等の申し込みサポート

8.欲しいサービスがカバーされているか?

個人事業主としてバーチャルオフィスを借りたい場合は最低限の住所が私だけ必要と言う方もいれば、法人としてバーチャルオフィスを借りたい場合は法人登記の代行や融資のサポートまでお願いしたいと言う場合もあると思います。 大きくは個人事業主なのか法人登記して使いたいのかで使用用途も変わってくると思います。自分の欲しいサービスがカバーされているかどうかは、上記のような点を確認してから契約しましょう。

9.貸し会議室の有無は?

貸し会議室の有無も重要なポイントです。都心で貸し会議室を格安で借りるされる点は重要なポイントです。特に法人登記しているような場合はお客さんとの商談もあるでしょうから、都心での商談、会議に使用するのは信用といった面からしても重要であると考えます。


さて、以上を踏まえたうえでのおすすめバーチャルオフィスが以下の通り。個人事業主でそれほど売り上げがない方にはとにかく安くて住所が京都と、なかなかイメージ戦略にも良い影響を与えてくれる1位の和文化推進協会のバーチャルオフィスがおすすめ。そして、収益がそれなりにあり、法人化も考えているかたには2位のレゾナンスがおすすめ。都心の物件もあり、なおかつ登記補助サービスなどもあっておすすめです。

1位:バーチャルオフィス ネットショップならココ 和文化推進協会 【月額500円】

>>【業界最安の月額500円】バーチャルオフィスサービス会員募集「和文化推進協会」

2位:バーチャルオフィス 銀座の住所! レゾナンス 【月額1,650円~】

>>月額1650円!東京都内一等地のバーチャルオフィス【レゾナンス】

3位:バーチャルオフィス 女性専用 タピオカ 【月額480円】

>>タピオカ

4位:バーチャルオフィス 法人登記込みの値段 ユナイテッドオフィス 【月額2,310円】

>>ユナイテッドオフィス

5位:バーチャルオフィス 全国51拠点 北海道・沖縄など!Karigo 【月額3,300円~】

>>全国展開のバーチャルオフィスKarigo

6位:バーチャルオフィス 大阪の住所あり! DMM 【月額2,530円~】

>>DMM

7位:バーチャルオフィス 札幌、東北、福岡網羅 Regusリージャス 【月額1,408円~】

>>レンタル・バーチャルオフィスの世界最大手ブランド 【Regus (リージャス)】

8位:バーチャルオフィス 法人口座開設保証あり!ワンストップビジネスセンター 【月額4,950円】

>>【ワンストップビジネスセンター】

9位:バーチャルオフィス Nawabari 【月額980円~】

>>Nawabari

10位:バーチャルオフィス ナレッジソサエティー 【月額4,950円】

>>【バーチャルオフィス ナレッジソサエティ】を利用して起業
【ネットショップ バーチャルオフィス おすすめ】今すぐわかる各オフィスの特徴とメリットは以下のワードで検索されてます BASE NAWABARIBASE 無料の商品NAWABARI 料金NAWABARI 評価NAWABARI 評判STORES バーチャルオフィスbase バーチャルオフィス 無料shopify バーチャルオフィスさいたま新都心 レンタルオフィスエキスパートオフィス品川 料金オフィス ワンストップシェアオフィス 住所利用シェアオフィス 賃料トップ ルーム 品川1015 バーチャルネットショップ バーチャルオフィス おすすめネットショップ 住所 実家ネットビジネス バーチャルオフィスバーチャル レンタルオフィスバーチャルオフィス 480円バーチャルオフィス 500円バーチャルオフィス 500円 大阪バーチャルオフィス nawabari 評判バーチャルオフィス おすすめバーチャルオフィス スタートアップ 青山バーチャルオフィス タピオカ 評判バーチャルオフィス デメリットバーチャルオフィス ハーベストバーチャルオフィス 京都バーチャルオフィス 住所バーチャルオフィス 住所 発送バーチャルオフィス 住所のみバーチャルオフィス 住所のみ 格安バーチャルオフィス 住所のみ 無料バーチャルオフィス 住所のみ 福岡バーチャルオフィス 千代田区バーチャルオフィス 即日バーチャルオフィス 品川バーチャルオフィス 埼玉 比較バーチャルオフィス 大阪バーチャルオフィス 安全バーチャルオフィス 川越バーチャルオフィス 怪しいバーチャルオフィス 料金バーチャルオフィス 新宿バーチャルオフィス 月額 500円 福岡バーチャルオフィス 東京 大手バーチャルオフィス 格安バーチャルオフィス 格安 おすすめバーチャルオフィス 格安 ネットショップバーチャルオフィス 格安 住所貸しバーチャルオフィス 格安 埼玉バーチャルオフィス 比較バーチャルオフィス 渋谷バーチャルオフィス 港区バーチャルオフィス 無料バーチャルオフィス 無料 アバターバーチャルオフィス 無料 オンラインバーチャルオフィス 登記バーチャルオフィス 福岡バーチャルオフィス 表参道バーチャルオフィス 評判バーチャルオフィス 選び方バーチャルオフィス 郵便物バーチャルオフィス 青山バーチャルオフィスとはバーチャルオフィス事業バーチャルオフィス大崎バーチャルオフィス契約ビズコンフォート 料金レゾナンス バーチャルオフィスレゾナンス バーチャルオフィス 評判レンタル ポスト 福岡レンタル 住所 大阪レンタルオフィス 20名レンタルオフィス テナントレンタルオフィス 個室レンタルオフィス 値段レンタルオフィス 埼玉県 個室レンタルオフィス 料金 個室レンタルオフィス 料金 相場レンタルオフィス 東京レンタルポスト 埼玉ワンストップビジネスセンターワンストップビジネスセンター 評判ワンストップビジネスセンターとは住所レンタル 住民票個人事業主 バーチャルオフィス おすすめ個人事業主 レンタルスペース品川 シェアオフィス 安い福岡 レンタルオフィス 格安福岡市中央区天神5-9-2ファミール天神307私 の 私書箱 com 評判私の私書箱私書箱 匿名私書箱 名古屋私書箱 大阪私書箱 福岡私書箱 転送私書箱 郵便番号私書箱サービス 比較私設私書箱 福岡貸し 住所 埼玉貸し住所 福岡バーチャルオフィス 住所のみ 格安 バーチャルオフィス 住所のみ 無料 住所 置くだけ 賃貸 副業 連絡先住所 法人登記 住所 賃貸 自宅住所を表示したくない   バーチャルオフィス 住所のみ 格安 バーチャルオフィス 住所のみ 無料 バーチャルオフィス 登記 デメリット 一等地アドレス 一等地住所 代表取締役 住所 更正登記 会社(登記 住所 違う) 会社登記住所 違う 住所 置くだけ 賃貸 住所だけ欲しい 住民票 住所を貸す デメリット 住所を貸す 税金 住所更正登記 必要書類 住所貸し 住民票 住所貸し 個人 住民票 住所貸し 福岡 住所貸し 違法 住所貸します 個人 住民票 同じ住所 他人 住民票 格安 住民票 置くだけ 住民票 置くだけ サービス 住民票 置けるサービス 副業 連絡先住所 同一住所 別世帯 手続き 更正登記 住所 更正登記 変更登記 更正登記 必要書類 本店 住所が登記のみで事業所として 機能 し てい ない場合 法人番号指定通知書 住所変更 法人登記 代表者住所 部屋番号 法人登記 住所 どこでも 法人登記 住所 勝手に 法人登記 住所 地番 法人登記 住所 賃貸 法人登記 住所表記 法人登記 住所貸し 法人登記住所 どこでも 登記簿謄本 代表者住所 非公開 自宅 法人登記 住宅ローン 自宅を賃貸に出す 税金 自宅住所を表示したくない 親族に家を貸す 税金 賃貸 法人登記 バレる 郵便物 住所 借りる 錯誤による更正登記    ★ネットショップ 住所 実家    ★個人事業主 バーチャルオフィス おすすめ    ★バーチャルオフィス 選び方   場所はどこ?   東京・大阪は信用度がたかい  バーチャルオフィス 料金は?   初期費用  月額料金  運営会社の信用度   店舗数、拠点数の数   打ち合わせ・会議に便利  個室・会議利用の可否   営業時間・問い合わせ可能時間   解約時の要件   解約予告期間  契約前審査をやっているか   犯罪収益移転防止法の観点から本人確認と事業内容の確認は必須  サイトURLがjpであるか?   電話転送のオプションは?       ★バーチャルオフィス 格安 ネットショップ  バーチャルオフィス 料金  ★バーチャルオフィス 東京 大手   バーチャルオフィス 港区   バーチャルオフィス 青山   ★バーチャルオフィス 口コミ   バーチャルオフィス タピオカ 評判   STORES バーチャルオフィス   バーチャルオフィス nawabari 評判   バーチャルオフィス 480円   青山 バーチャルオフィス   バーチャルオフィスjp   バーチャルオフィス 480円   バーチャルオフィス タピオカ 評判   NAWABARI 口コミ   バーチャルオフィス 500円   base バーチャルオフィス 無料   バーチャルオフィス スタートアップ 評判